• おやつ
  • 2020/01/18

犬におやつを与えるのはいつからが良い?

Photo

子犬を家に迎え入れてしばらく経ち、徐々にお互いが慣れてきたら、コミュニケーションもとりやすくなるでしょう。 ですが、ひとつ気になることがあります。 それは、「犬のおやつは子犬の頃から与えて良いのか」ということです。 そこで今回は、犬におやつを与える時期について解説します。

1.犬におやつを与えても良い時期

Photo

1) 1歳頃からが望ましい 子犬の頃は、十分な栄養を摂り、身体を成長させなければなりません。 そのため、子犬の頃はおやつを与えずに、ドッグフードのみで育てることが望ましいでしょう。 一般的におやつに比べドックフードは子犬の成長に必要な栄養バランスが良好です。 おやつを与え過ぎると、食べられる量の少ない子犬はおなかが一杯になってしまうことがあります。 すると、ドックフードから摂取できたはずの成長に必要な栄養が取れなくなる恐れがあるからです。 2) おやつ代わりにドッグフードを与える 子犬の頃からおやつを与えたい場合は、日頃与えているドッグフードを1、2粒与えるようにすることをおすすめします。 おやつではなくドッグフードを与えるのであれば、無駄なものを食べずに栄養を摂ることができます。 さらに言えば、犬にはおやつという概念はありません。 犬からしたら、「食べ物を与えられた」という事実があるだけであり、それがドッグフードであろうがおやつであろうが関係ないのです。 3) おやつは特別なもの 1歳になり、犬におやつを与えようとするときにも、軽い気持ちでおやつを与えることは避けましょう。 あくまでおやつは特別なものとして認識させることが大切です。 例えば、しつけが成功したとき、きちんと留守番をしていたときなど、何か犬が期待に応えてくれたときにだけおやつを与えるようにしましょう。 そうすることで、犬にとっておやつは特別なものになり、「ご褒美」という認識になります。 間違っても、犬がおやつを欲しがったからと言っておやつを与えることはやめましょう。 それは、犬が「おやつをくれ」と命令し、飼い主がそれに応える形になります。 それでは飼い主と犬の立場が逆転してしまい、成長するにつれてわがままな犬になる可能性が高いです。

Photo

南 健

元ドッグトレーナー。 北国で生まれ育ち、犬に囲まれた生活を送る。 現在は一線から離れ、ペット系メディアのライターを中心に活動。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。