• 幼犬・仔犬
  • 2020/12/28

子犬の乳歯の生え変わり時期とその時の注意点について

Photo

犬も人間と同じように成長に合わせて歯が生え変わる動物であることをご存知ですか? 子犬が口の中を気にするような素振りを見せたり、噛んだおもちゃに血がついていたりするようなら、乳歯が生え変わろうとしているサインかもしれません。 基本的には自然に生え変わるものですが、飼い主のサポートが必要な場合があります。 この記事では子犬の乳歯の生え変わりについて、時期や注意点も合わせて解説していきましょう。

1. 犬の乳歯はいつ頃、どの様に抜けるのか?

Photo

子犬の乳歯は全部で28本あります。 犬種や成長の速度によって多少違いがありますが、だいたい生後2ヶ月目くらいには乳歯が全部生え揃っています。 そして、生後4~6ヶ月くらいの時期になると永久歯に生え変わる時期にさしかかります。 この時期になると、犬が口の中を気にするようになり、しきりに前足でいじったり、おもちゃを噛み続けたりする行動をとり始めるはずです。 そして、生後7~12ヶ月頃には完璧に永久歯が生え揃うことになります。 永久歯は乳歯よりも多く、全部生え揃うと42本にもなります。 ほとんどの場合、食事と一緒に飲み込んでしまったり、おもちゃに刺さっていたりして自然に乳歯は抜けていきます。 もし、犬が歯を飲み込んでしまったとしても、便と一緒に排出されるだけですので、特に心配することはありません。 ちなみに、犬の歯が永久歯に生え変わると、口のなかに雑菌が繁殖しやすくなります。 そのため、歯が生えかわる時期を見計らって歯磨きをする習慣をつけていくようにしましょう。 犬は歯周病などの歯の病気にかかりやすいため、日々のケアで回避してあげるようにして下さい。

2. 子犬の歯の生えかわりで飼い主が注意すること

Photo

子犬の歯が生え変わる時期、飼い主はどんなことに注意してあげればよいでしょうか? 乳歯が永久歯に生え変わる頃は、歯がグラグラするなどの違和感があります。 そのため、口のなかを気にする行動をとり、歯が気になって食事量が減ったりします。 もし、犬が食事を食べにくそうにしているなら、ドックフードをお湯でふやかしてあげたり、ウェットフードにかえてあげるなどのサポートをするようにしましょう。 また、乳歯が抜け落ちるより先に永久歯が生えてきてしまう「乳歯遺残」という症状に注意するようにしましょう。 乳歯遺残になると乳歯がずっと口の中に残ることで歯並びが悪くなったり、歯が変形したりすることがあります。 乳歯遺残になると、乳歯を抜く際には全身麻酔をする必要があります。 そうならないためにも、永久歯に生え変わる時期には特に注意して口の中を観察し、乳歯の後ろから永久歯が生え始めていたり、生後1年を過ぎても乳歯が残っているような場合は獣医さんに診てもらいましょう。

Photo

かりんこ

動物が大好きで、現在は猫2匹と一緒に暮らしています。 長く一緒に暮した犬は高齢で亡くなってしまいましたが、愛犬と共有した様々経験を含めながら記事を執筆しました。 これから犬と一緒のHAPPYライフを始める方たちのお手伝いが少しでもできたら嬉しいです。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。