• 成犬
  • 2020/01/21

成犬がうんちを食べる原因と対処法

Photo

犬がうんちを食べてしまう行動を「食糞」といいます。 愛犬が食糞行動をしていたら、なぜだろうと疑問に思ったり、やめさせたいと思うのは当然のことですよね。 今回は食糞の原因と対処法をご紹介していきます。

1.成犬がうんちを食べる原因

Photo

1)母犬の真似 母犬は子育ての際に、子犬の排泄物を舐めて処理することがあります。 子犬がそれと同じ行動を真似することや、その母性本能が残っていることによって食糞行動をすることがあります。 子犬の頃にはしばしば見られる行動ですが、成犬になってもそのまま習性として残る場合があります。 2)うんちを隠そうとする 飼い主さん叱られないように食糞行動を起こすこともあります。 うんちを失敗した時に怒られた経験が繰り返されると、うんちしたこと自体が悪いことと思うようになり、食べて隠そうとしてしまうのです。 3)ストレス 飼い主さんとのコミュニケーション不足や、お留守番が多いなどの退屈さから、遊び半分でうんちを食べてしまう犬もいます。 こうしてストレス発散をしているのです。 4)栄養が足りていない たとえば、今食べているフードが体に合わず、消化不良などで十分に栄養が吸収できていない場合に食糞することがあります。 足りない栄養を補おうとして、自分のうんちを食べてしまうんですね。

2. 食糞を止めさせるための対処法

Photo

1)うんちはすぐに片付ける 原因となるものがいつまでも目の前にあると、遊んでしまったり、空腹を感じた時に口にしてしまったりということにつながりますので、犬が排泄したものはすぐに片付けるようにします。 2)手早く、無言で片付ける うんちを片付けるときは、たとえトイレ以外の場所でしてしまったときでも「怒らず騒がず」が鉄則。 飼い主が怒ってしまうと、犬は怒られまいとうんちを隠すようになり、食糞行動につながってしまいます。 3)退屈しない工夫をする できるだけ犬とのコミュニケーションをとる、運動不足の解消、おもちゃを与えるなどの工夫でストレス発散を手助けしてあげることも大切です。 4)ドッグフードを変える 与えているドッグフードを見直してみましょう。 消化の良いとされるドッグフードや、オーガニックのものなどに変えてみるのも手です。

Photo

momo0530

アウトドア大好きの女性ライターです。 趣味として、登山・キャンプ・旅行・映画・ガーデニングを楽しんでいます。 長時間勤務で体調を崩したことをきっかけに会社を退職し、現在はライターとして独立できるよう奮闘中。 役に立つ記事をお届けできるように心がけています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。